Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年6月18日

サメが突撃してくるスリリングなデジタルサイネージ!

今回はご紹介するのは、オーストラリアの鉄道駅で行われたサメ襲来映画『ザ・メグ』のデジタルサイネージでの宣伝です。

ディスプレイにサメが突撃!ガラスにヒビが…!?

映画『ザ・メグ』の製作元であるヴィレッジ・ロードショー・スタジオは、OOH企業であるJCDecaux Australiaと提携し、メルボルンのサザンクロス駅に映画を宣伝するインタラクティブなデジタルサイネージを展開しました。

液晶タッチスクリーンディスプレイには、上部に映画の名前、下部に公開日が表示されています。ディスプレイの側面には、「Touch at your own risk!」と書かれており、ゲストがディスプレイに触れると、バーチャルのサメが真っ直ぐに向かってきます。

サメは画面に衝突し、ディスプレイにガラスを模したヒビが入るというリアルな演出です。

このように、ゲストを驚かせるスリリングな演出は、映画への興味をよりそそってくれるかもしれませんね。

参照元:Sharks attack interactive digital signage

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。