Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年6月2日

色々な婚約指輪が試せる!ダイヤモンドブランドHelzberg Diamondsに導入されたARデジタルサイネージ

今回ご紹介するのは、ダイヤモンドブランドHelzberg Diamondsで導入されたデジタルサイネージの事例です。

一般的に宝石店では、購入者に実際に手にとってもらうということが、販売において必要であると言われています。しかし、あるダイヤモンドブランドでは、ケースの中に手を伸ばすことなく、顧客に様々なリングを試着してもらうため方法を考えました。

ARデジタルサイネージ「Diamond Room Experience」

ダイヤモンドブランドであるHelzberg Diamondsは、ARデジタルサイネージ体験「Diamond Room Experience」を米国内の7つの店舗に導入しました。このキャンペーンは、ディメンション・イノベーションズとの提携により実現しました。

このデジタルサイネージは、Microsoft Surface Pro 4を使った拡張現実技術を使い、モーショントラッキングセンサーを搭載したパームレストに左手を置くことで、100種類以上のリングを複数の角度から試着することができるというものです。

このソリューションでは、Surface Proに加え、24インチの4Kディスプレイにもダイヤモンドを表示します。営業担当者はこの画像を使って、顧客にダイヤモンドの特徴を説明することができるのです。

特に婚約指輪の購入においては、自分の欲しいものを正確に把握している場合もあれば、ダイヤモンドのサイズや形、金属の種類、配置など、たくさんの組み合わせを試したい場合があります。簡単で試しやすいデジタルサイネージの導入により、顧客からは指輪の購入の楽しさが増したと好評です。

店舗におけるデジタルサイネージの活用

また、デジタルサイネージツールは、製品の提供やプロモーションに関するメッセージを迅速かつ効率的に更新するのにも役立ち、店舗ごとのメッセージを表示することができるため、Helzberg Diamondsにおいて有効的に活用されています。

いかがでしたか?

デジタルサイネージとARの融合は、宝石のような高級品のショッピングにおいても、新たな方法を提供してくれそうです。

参照元:How 1 jewelry store transformed customer experience with AR digital signage

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。