Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年5月8日

COVID-19対応の支援をするDOOH事例

現代社会がコロナウイルスへの対処法を模索する中で、DOOHとデジタルサイネージ産業は特別な役割を果たしています。リアルタイムに情報発信をするという特徴は、重要な公衆衛生情報の発信に貢献しているのです。

疾病対策予防センター(CDC)とのパートナーシップとメッセージングのコラボ

今や、多くの企業が予定されていた番組や広告を中断し、予防衛生対策のコンテンツを提供していますが、その中でも特に効果を発揮している、米国の公式保健機関である疾病対策予防センター(CDC)とのパートナーシップとメッセージングのコラボレーションをご紹介します

米国家庭外広告協会(OAAA)は最近、CDCと提携し、専門的に承認されたガイドラインやウイルス関連の告知を、全国の何千もの場所でDOOHにて提供しています。これには、ラマー広告社のデジタルビルボード、小売環境のキオスク、さらにはセミトラックやその他の車両の後部に表示される看板も含まれています。

OAAAのCEOであるAnna Bager氏は、「OOH は、コロナウイルス(COVID-19)の脅威に対抗するための安全な滞在方法やリソースへのアクセス方法をコミュニティに伝えるために、メディアの力を利用して業界としての役割を果たしています」と述べています。

予防衛生対策や、食料品店に感謝を表すDOOH

OAAAとCDCは、アメリカ人に病気の時は家にいること、顔を触らないこと、手を洗う時間を20秒以上にすることを呼びかけました。この状況が持続し、激化するにつれ、そのメッセージングは、社会的な距離感を保つためのリマインダーや、大量検疫中の長時間労働だけでなく、製品不足に対処するための食料品店への感謝を表すなどして発展しました。

このように、流動的な時代に即座に対応することができるのが、デジタルサイネージの重要な役割なのかもしれません。

参考:https://www.digitalsignageconnection.com/how-dooh-is-helping-handle-the-covid-19-pandemic

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。