Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年4月23日

顧客の消費を促す3Dビューア

ホログラム業界のリーダーであるVntanaは、最新のソフトウェア「Omnichannel 3D Automation」を発表しました。これは、ブランドがバーチャルリアリティで3Dアセットを最適化、変換、配信できるようにするものです。これにより、消費者にとって最適な製品を結びつけることができ、小売業者が製品の3Dを作成し、配信するコストと時間効率の良い方法を提供することができます。

自宅でバーチャルに製品を試着できる

Vntana独自の3DビューアとCMSにより、顧客は自宅でブランドの製品をバーチャルに試着することができます。

現在では世界の様々な小売業者が、ARやVR体験を導入できるよう、多額の投資を行っています。商品の3D化は、ECサイトにおける成果を2倍以上にすると同時に、返品率を低下させることができます。Ikeaは、3D資産を使用することで、収益が35%増加しました。

3Dの社内での活用方法

また、3Dを社内で使用することで、より迅速な意思決定ができるようになるというメリットもあります。例えば、アパレル製品のサンプルを製造するのには平均して3~4週間かかりますが、3Dを使用することで、チームはより迅速に意思決定を行うことができるようになるでしょう。

アパレルなど小売業界における3Dの活用は、今後大きな成果を生み出すと考えられます。

参考:https://www.digitalsignagetoday.com/articles/how-ar-vr-xr-can-deliver-world-class-customer-experiences/

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。