Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年3月2日

医学の好奇心を湧き立たせるデジタルサイネージ

「医学」と聞くと、ぐっと構えてしまったり、小難しいというような印象を持つ人は少なくないと思います。今回ご紹介するアムステルダム国立美術館Boerhaaveは、そんな人でも興味を持って知ることができるような仕組みを改装と共にサイネージなどのインスタレーションによって取り入れているようです。

科学者と同じ目線に誘うサイネージ


科学医学博物館Boerhaaveには、最初の顕微鏡、アインシュタインのペン、ベサリウスの解剖図などのオブジェクトを含む、世界的に有名なコレクションがあります。来場者をこれらの背後にあるストーリーと接触させるために、エモーションデザインメソッドを使用して、全体的な解釈概念「異なる見方」を開発しました。世界を異なって見ることで発見をした科学者のように、来場者は科学のコレクションと歴史を、科学者のような視点(異なる見方)をもつことができます。

医学をもっと身近に

人の体の仕組みは、とても不思議で興味深いものです。
ですが冒頭にも申し上げた通り、「医学」というキーワードだけでハードルが上がり、分厚い参考書や見たことのない図式など、頭が痛くなってしまうような印象をもってしまう部分もあるとおもいます。そういった固定概念を、このようなアムステルダム国立美術館のような体験で、よりもっと身近に感じられることでしょう。

[参考サイト] http://www.studiolouter.nl/en/projecten/museum-boerhaave-herinrichting-collectiepresentatie/

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。