Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年2月25日

ロビーに映し出される華やかなデジタルサイネージ

ワシントンDCのTerrell Placeのロビーに映し出される、さまざまなデジタルサイネージ。毎日を過ごす場所、毎日通る場所での視覚の変化は、住人の楽しみにもなるでしょう。
今回はこちらのサイネージをご紹介いたします。

通行人や季節に合わせて変動するサイネージ

1階の広いロビー空間をメディアキャンバスとして映し出しています。 ロビーの壁や廊下に大規模で反応性の高いメディアを設置することで、建物の共通エリアに繋がっているという感覚を生み出しました。 幅80フィート、高さ13フィートで、最大のメディアウォールは、大きな窓を通して外からも見ることができ、通行人の注意と好奇心を集めています。

Terrell Place, Washington D.C., by ESI Design from ESI Design on Vimeo.

メインロビーや廊下のLED壁ディスプレイは赤外線カメラシステムを介して通行人によって活性化され、朝のラッシュや午後の静けさの中で、水没する美しいシーンを作り出しているようです。

“季節”モードは、ワシントンDC桜の象徴的なライフサイクルを示します。 春期には、人々がスクリーンを通り過ぎるとき、その動きによって、やがて花びらが落ちるまで木々が咲き乱れます。そして、人々がロビーで立ち止まったとき、蝶が羽ばたきます。

日常の中に彩りを

今回ご紹介したサイネージでは、人々が毎日通行するロビーという空間を使ったものでした。季節や通行人の動きによって変化させるため、毎日同じ時間に出入りしても、住人は同じシーンを見ることがないそうです。同じことを繰り返す日常であっても、このようなサイネージ技術によって、毎日を新鮮な気持ちで迎えられることができるのはとても素敵なことですね。

[参考サイト] https://vimeo.com/172745960

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。