Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年2月21日

スーパーマーケットのデジタルサイネージにおける「7つのアイデア」

食料品店およびスーパーマーケット向けのデジタルサイネージ

食事キットと即時配達のおかげで、食料品店に行かずに夕食を準備することがこれまでになく簡単な時代になりました。それでも、スーパーマーケットの流通は忙しいままです。実際、オンラインで買い物をしている顧客の数は過去3年間でほぼ2倍になりましたが、実店舗での食料品の販売は安定しています。

買い物客は、価値、効率、体験など、店舗に多くのことを求めています。これらのニーズを満たすことが鍵となってきます。食料品店が小売に適応するにつれて、デジタルサイネージソフトウェアは、シームレスな店内体験を作成するスマートな方法になりました。

では、食料品店や食品メーカーは、視覚的なコミュニケーションを使用して、忙しい訪問者の注意をどのように引くことができるのでしょうか?
それでは、スーパーマーケットの顧客が画面からより多くの情報を得る方法をいくつか紹介していきます。

【 店内で買い物をする7つのアイデア 】

1.店内の広告で、買い物客にレシピのアイデアと特別価格で刺激を与えます

誰もがよく計画された食料品リストを持って店に行くわけではありません。お店全体で簡単で刺激的なレシピを共有して、空腹のブラウザを活用しましょう。Enplugのカスタムトリガーなどのスケジュール機能または動的コンテンツ機能を使用して、時間または曜日ごとにレシピを更新します。夕方のラッシュアワーには簡単な夕食のアイデアを、月曜日には肉なしのオプションなどをお試しください。通路番号を含めて、顧客が各材料を簡単に見つけられるようにすることもできます。

2.新しい、または馴染みのない民族料理や特別食の販売を増やします。

調査によると、店内の買い物客は、商品の選択において冒険的ではあるようですが、正しい方向への微調整が必​​要です。産地や栄養に関する情報だけでなく、なじみのない食品のアイデアなども紹介します。そうすることによって、顧客は新しいブランドや製品を試す可能性が高くなるのです。

3.ソーシャルコンテンツおよびユーザー生成コンテンツを使用して、ブランドおよび製品に対する信頼を構築します。

食料品の買い物客は、健康、持続可能性、および食料品の供給源をますます懸念しています。ソーシャルメディアは、製品の安全性と鮮度を信頼する強力な方法です。食料品店のデジタルサイネージは、ユーザーが生成したコンテンツの力をスーパーマーケットのフロアに直接もたらします。さらに良いことに、Enplugのスマートコンテンツフィルタリングや承認機能などのオプションにより、ソーシャル投稿がブランド保護されていることを簡単に確認できます。

4.情報を買い物客とより迅速に共有します。

食料品店のデジタルサイネージにより、新しいプロモーションの展開、在庫と通路の更新の提供、または複数の場所でのアラートの共有が簡単になります。さらに、コンテンツをリモートで管理し、瞬時に更新できます。顧客が特別な取引、即時の節約、さらには雨予報など、より早く知れば知るほど、買い物客は満足することでしょう。

5.行動を促す言葉や映像を使用して、店内での料理のデモからより多くのコンバージョンを獲得します。

料理の実演と食品サンプルは、買い物かごの合計額を増やす実証済みの方法です。販売員の上または近くに配置された画面に、明確で注意を引く行動を促す言葉を表示します。デモのスケジュールに従ってサインを自動的に更新することもできます。とにかく看板に汚れたチョークが好きな人はいません。

6.利益率の高い製品を目立たせます。

顧客を利益率の高い製品のある場所に誘導するウェイファインディングを提供することにより、デジタル画面を活用します。その後、ビデオ、ソーシャル投稿、およびその他のコンテンツを使用して、通路にたどり着いたときにも興味を持たせ、ブラウジングします。

7.チェックアウトラインで待機している顧客のエクスペリエンスを改善します。

デジタルサイネージにより、待機時間を35%短縮できることが示されているため、チェックアウトラインの必需品です。機会を利用して、顧客にロイヤルティカードの申請または更新を促します。また、カスタマーサービスデスクで利用可能な休暇パッケージや保険サービスなどのアップセルの機会を紹介することもできます。

スーパーマーケットの進化

昔ながらの商店街、八百屋さんや魚屋さん。下町情緒溢れる、ならではの文化も大切にしていきたいとは思いますが、今回のこの記事を読むと「行ってみたい!」と思わず思ってしまいますよね。どんどん便利になり、ユーザーに有益な情報が飛び込んでくるような買い物だと、家族と過ごす時間にもゆとりが生まれ、日々の楽しさもより感じることができそうですね!

[参考サイト] https://blog.enplug.com/digital-signage-grocery-stores-supermarkets

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。