Loading...

サイネージLab

BLOG

2020年2月19日

デジタルサイネージ VS 印刷

現在街中にあふれて、当たり前になりつつあるデジタルサイネージ。
それと比例するように、ゆるやかに衰退しつつある印刷技術。このふたつの比較について今回はご紹介したいと思います。

サイネージによるデジタル広告の普及

調査によると、デジタル広告は従来の印刷されたポスターよりも人目を引くものであり、数日または数週間ではなく即座に展開できます。近年、業界の調査によりデジタル広告の有効性が継続的に証明されており、デジタルサイネージに切り替えることで投資収益率のケースが示されているようです。

印刷技術の過去の栄光は計り知れず、現在までも様々な手法で発展してきました。しかし、デジタルサイネージはこれまでの印刷技術の制限を超え、真に顧客と関わるための進化をしてきました。

デジタルサイネージにより、小売業者の自由度と柔軟性が向上すると同時に、ブランドに対する消費者のエンゲージメントがシームレスに強化されます。時間やクライアントの顔認識に基づいて広告とメッセージをスケジュールし、配置する機能により、組織は印刷広告からデジタルサイネージへの切り替えを続々と始めているようです。

エネルギー効率の高いHDおよび4Kデジタルスクリーン品質の出現により、デジタルサイネージのケースが再び強化されました。デジタルスクリーンは、より鮮やかな色の深みを提供するだけでなく、ビデオやその他のアニメーションコンテンツを再生できるようになります。これは、インスタントで意味のある、まったく新しい世界を開くため、マーケティング担当者の夢になりました。

メリットとデメリット

デジタルサイネージの実装に失敗した場合のコストを理解する前に、デジタルディスプレイのメリットを理解しておくことが重要です。
メリットとデメリットをしっかりと把握し、今後のマーケティング社会に寄り添い、新しい表現方法をこれからも発展させていきたいですね。

[参考サイト] https://www.addvision.co/2019/04/29/digital-vs-printed-signage/

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。