Loading...

よくある質問

Q&A

  • ALL
  • 導入支援
  • 開発
  • コンテンツ運用
  • 費用

Q.一部のサービスだけ利用したいが可能ですか?

A.弊社ではワンストップだけでは無く、例えば制作だけお願いしたい、開発だけお願いしたいというようにデジタルサイネージ導入・運用にあたりあらゆる業務をポイントでも請け負っております。

Q.デジタルサイネージとはどういうものですか?

A.液晶ディスプレイやLED表示機などの電子的な表示機器を使った電子看板と呼ばれる映像ソリューションです。 屋外・店頭・公共空間・交通機関など、様々な場所に設置され、訴求性の高い新しい情報伝達媒体として期待されているコンテンツとなっています。

Q.機材などのレンタルは行っていますか?

A.一部行っていますので、一度お問い合わせください。

Q.動画や写真の撮影もお願いできるのでしょうか?

A.お打ち合わせを行ったうえで、撮影、制作、配信などのサポートをさせて頂きます。

Q.アプリケーション開発は依頼できますか?

A.ご相談に応じて、弊社で開発させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのメリットは何ですか?

A.最新の情報を外部からリアルタイムで流すことができ、ターゲットによって内容を変化させることもできるので、頻繁に状況が変わるような情報を伝えるには最適なツール。従来のポスターでは情報が変わると印刷などの手間がかかりますが、デジタルサイネージではそういった手間やコストを削減することが可能です。他媒体と連動することで様々なクリエイティブを制作することができるのも大きな魅力となっています。

Q.デジタルサイネージにデメリットはありますか?

A.デジタルサイネージは高い訴求力があり、適切に運用すると売上への貢献が期待できます。しかし、既存の看板に比べて次の欠点があります。
・内部の電気的な故障
・外的要因による故障・事故
・停電
・操作ミス
・ランニングコスト
デジタルサイネージにはいくつかの課題がありますが、強力な販促物でもあります。
弊社ではそうした課題についての対策のご相談を受け付けております。

Q.デジタルサイネージにはどんな種類がありますか?

A.デジタルサイネージはコントローラー(プレイヤー)とディスプレイの2つの要素があります。コントローラーはスタンドアロン型とネットワーク型に分かれます。ネットワーク型は基本的にスタンドアロン型の機能を内包しており、価格・運用コスト共に一回り上です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツとは何ですか?

A.デジタルサイネージで扱う情報を総じて「コンテンツ(中身)」と言います。
大まかには以下の5種類ございます。
1.画像:チラシやPOPとほぼ同じ制作環境でコンテンツが作れます。
2.テロップ:電光掲示板でお馴染みの文字情報です。
3.音声:音のみの再生。街なか等で実施されます。許可されない事が多い。
4.動画:看板で動画が扱えることが、電飾看板とデジタルサイネージとの決定的な差です。
5.プログラム(ソフトウエア):デジタルサイネージ用のプログラムを使うことで、動画や画像のように固定されたものではなく、ユーザーの操作や条件により内容が変化する、インタラクティブ性のあるコンテンツになります。

弊社では5:プログラム(ソフトウエア)の取扱を主に行っております。

Q.デジタルサイネージのコントローラーとは何ですか?

A. デジタルサイネージのコントローラーは、コンテンツを再生するためのメディアプレーヤー・スマホ&タブレット端末・パソコンを指します。
それぞれの機器は小型化&高性能化しており、一般的には以下の4点で区別されております。
・スタンドアロン型:ネットワークに依存せず、独立して稼働します。
・ネットワーク型:コンテンツをネットワーク経由で更新/再生します。
・非インタラクティブ型:画像や動画等、内容の固定されたコンテンツを再生します。
・インタラクティブ型:ユーザーの操作や動きに応じて、コンテンツが変化します。

Q.デジタルサイネージのコンテンツを屋外に設置したいです

A. 屋外の場合、大まかに以下の6点をクリアできれば設置が可能です。※費用に関しては考慮してません。
■サイネージ自身の対策
・直射日光により昼間は画面が見にくくなる:高輝度タイプ(1500カンデラ)等
・サイネージ自身に紫外線によるダメージ:UVカットシートをつける等
・悪天候や粉塵・ホコリ、結露対策:防水加工、防塵性対策、ファンでの空気循環等の環境をカバーできる対策(もっとも屋外サイネージと銘打ってるものには標準装備されてることが多いです)

■環境面について
・人の通行量:人の少ない箇所ではあまり意味がない(サイネージ自身宣伝に使われる事が多いです)
・環境音:幹線道路沿いの音が大きな場所ではサイネージの音が埋もれてしまう可能性がございます。なのでサイネージの動画自身に字幕等を表示する等の対策が必要です。
・場合によっては市や土地の持ち主の許可が必要:必要な場合は許可をとってくださいませ。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの推奨ボリュームはどれくらい?

A. 動画コンテンツの場合数百MBを目処に作成するのを推奨します。
看板やポスターと異なり、デジタルサイネージは膨大な量のコンテンツを扱えます。そのメリットの反面、扱うコンテンツよっては表示が不安定化する恐れもあります。
例えば動画プレーヤー型のデジタルサイネージの場合、再生する動画コンテンツが短く、1秒間あたりに転送されるデータ量(つまり画質)が低いほどシステムに負荷が掛からず、動作は安定します。

Q.機材を何も用意していないのですが、ハードの相談も可能なのでしょうか?

A.ご相談に応じて弊社で準備させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの安定表示のコツは?

A. デジタルサイネージを含め、殆どのデジタル媒体は大なり小なりシステム障害に直面する可能性があります。その中でできるだけ安定表示運用を行うコツは以下4点となります。

・コンテンツはできるだけ軽く(動画コンテンツは数百MBまで)
・正常動作を自動チェックするデジタルサイネージを作成
・タッチパネル型デジタルサイネージは一定期間で再起動を
・安定動作の観点からFLASHは使わない(2016年の段階でサポートは終了されております。これからはHTML5によつインタラクティブコンテンツが主流になると言われてます。)

Q.費用はどれくらいでしょうか?

A.大変お手数ですが弊社に直接ご相談くださいませ。

Q.アプリケーション開発は依頼できますか?

A.ご相談に応じて、弊社で開発させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージにはどんな種類がありますか?

A.デジタルサイネージはコントローラー(プレイヤー)とディスプレイの2つの要素があります。コントローラーはスタンドアロン型とネットワーク型に分かれます。ネットワーク型は基本的にスタンドアロン型の機能を内包しており、価格・運用コスト共に一回り上です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツとは何ですか?

A.デジタルサイネージで扱う情報を総じて「コンテンツ(中身)」と言います。
大まかには以下の5種類ございます。
1.画像:チラシやPOPとほぼ同じ制作環境でコンテンツが作れます。
2.テロップ:電光掲示板でお馴染みの文字情報です。
3.音声:音のみの再生。街なか等で実施されます。許可されない事が多いです。
4.動画:看板で動画が扱えることが、電飾看板とデジタルサイネージとの決定的な差です。
5.プログラム(ソフトウエア):デジタルサイネージ用のプログラムを使うことで、動画や画像のように固定されたものではなく、ユーザーの操作や条件により内容が変化する、インタラクティブ性のあるコンテンツになります。

弊社では5:プログラム(ソフトウエア)の取扱を行っております。

Q.デジタルサイネージのコントローラーとは何ですか?

A. デジタルサイネージのコントローラーは、コンテンツを再生するためのメディアプレーヤー・スマホ&タブレット端末・パソコンを指します。
それぞれの機器は小型化&高性能化しており、一般的には以下の4点で区別されております。
・スタンドアロン型:ネットワークに依存せず、独立して稼働します。
・ネットワーク型:コンテンツをネットワーク経由で更新/再生します。
・非インタラクティブ型:画像や動画等、内容の固定されたコンテンツを再生します。
・インタラクティブ型:ユーザーの操作や動きに応じて、コンテンツが変化します。

Q.デジタルサイネージのコンテンツを屋外に設置したいです

A. 屋外の場合、大まかに以下の6点をクリアできれば設置が可能です。※費用に関しては考慮してません。
■サイネージ自身の対策
・直射日光により昼間は画面が見にくくなる:高輝度タイプ(1500カンデラ)等
・サイネージ自身に紫外線によるダメージ:UVカットシートをつける等
・悪天候や粉塵・ホコリ、結露対策:防水加工、防塵性対策、ファンでの空気循環等の環境をカバーできる対策(もっとも屋外サイネージと銘打ってるものには標準装備されてることが多いです)

■環境面について
・人の通行量:人の少ない箇所ではあまり意味がない(サイネージ自身宣伝に使われる事が多いです)
・環境音:幹線道路沿いの音が大きな場所ではサイネージの音が埋もれてしまう可能性がございます。なのでサイネージの動画自身に字幕等を表示する等の対策が必要です。
・場合によっては市や土地の持ち主の許可が必要:必要な場合は許可をとってくださいませ。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの推奨ボリュームはどれくらい?

A. 動画コンテンツの場合数百MBを目処に作成するのを推奨します。
看板やポスターと異なり、デジタルサイネージは膨大な量のコンテンツを扱えます。そのメリットの反面、扱うコンテンツよっては表示が不安定化する恐れもあります。
例えば動画プレーヤー型のデジタルサイネージの場合、再生する動画コンテンツが短く、1秒間あたりに転送されるデータ量(つまり画質)が低いほどシステムに負荷が掛からず、動作は安定します。

Q.デジタルサイネージのメリットは何ですか?

A.最新の情報を外部からリアルタイムで流すことができ、ターゲットによって内容を変化させることもできるので、頻繁に状況が変わるような情報を伝えるには最適なツール。従来のポスターでは情報が変わると印刷などの手間がかかりますが、デジタルサイネージではそういった手間やコストを削減することが可能です。他媒体と連動することで様々なクリエイティブを制作することができるのも大きな魅力となっています。

Q.デジタルサイネージにデメリットはありますか?

A.デジタルサイネージは高い訴求力があり、適切に運用すると売上への貢献が期待できます。しかし、既存の看板に比べて次の欠点があります。
・内部の電気的な故障
・外的要因による故障・事故
・停電
・操作ミス
・ランニングコスト
デジタルサイネージにはいくつかの課題がありますが、強力な販促物でもあります。
弊社ではそうした課題についての対策のご相談を受け付けております。

Q.機材を何も用意していないのですが、ハードの相談も可能なのでしょうか?

A.ご相談に応じて弊社で準備させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの安定表示のコツは?

A. デジタルサイネージを含め、殆どのデジタル媒体は大なり小なりシステム障害に直面する可能性があります。その中でできるだけ安定表示運用を行うコツは以下4点となります。

・コンテンツはできるだけ軽く(動画コンテンツは数百MBまで)
・正常動作を自動チェックするデジタルサイネージを作成
・タッチパネル型デジタルサイネージは一定期間で再起動を
・安定動作の観点からFLASHは使わない(2016年の段階でサポートは終了されております。これからはHTML5によつインタラクティブコンテンツが主流になると言われてます。)

Q.費用はどれくらいでしょうか?

A.大変お手数ですが弊社に直接ご相談くださいませ。

ALL

Q.一部のサービスだけ利用したいが可能ですか?

A.弊社ではワンストップだけでは無く、例えば制作だけお願いしたい、開発だけお願いしたいというようにデジタルサイネージ導入・運用にあたりあらゆる業務をポイントでも請け負っております。

Q.デジタルサイネージとはどういうものですか?

A.液晶ディスプレイやLED表示機などの電子的な表示機器を使った電子看板と呼ばれる映像ソリューションです。 屋外・店頭・公共空間・交通機関など、様々な場所に設置され、訴求性の高い新しい情報伝達媒体として期待されているコンテンツとなっています。

Q.機材などのレンタルは行っていますか?

A.一部行っていますので、一度お問い合わせください。

Q.動画や写真の撮影もお願いできるのでしょうか?

A.お打ち合わせを行ったうえで、撮影、制作、配信などのサポートをさせて頂きます。

Q.アプリケーション開発は依頼できますか?

A.ご相談に応じて、弊社で開発させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのメリットは何ですか?

A.最新の情報を外部からリアルタイムで流すことができ、ターゲットによって内容を変化させることもできるので、頻繁に状況が変わるような情報を伝えるには最適なツール。従来のポスターでは情報が変わると印刷などの手間がかかりますが、デジタルサイネージではそういった手間やコストを削減することが可能です。他媒体と連動することで様々なクリエイティブを制作することができるのも大きな魅力となっています。

Q.デジタルサイネージにデメリットはありますか?

A.デジタルサイネージは高い訴求力があり、適切に運用すると売上への貢献が期待できます。しかし、既存の看板に比べて次の欠点があります。
・内部の電気的な故障
・外的要因による故障・事故
・停電
・操作ミス
・ランニングコスト
デジタルサイネージにはいくつかの課題がありますが、強力な販促物でもあります。
弊社ではそうした課題についての対策のご相談を受け付けております。

Q.デジタルサイネージにはどんな種類がありますか?

A.デジタルサイネージはコントローラー(プレイヤー)とディスプレイの2つの要素があります。コントローラーはスタンドアロン型とネットワーク型に分かれます。ネットワーク型は基本的にスタンドアロン型の機能を内包しており、価格・運用コスト共に一回り上です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツとは何ですか?

A.デジタルサイネージで扱う情報を総じて「コンテンツ(中身)」と言います。
大まかには以下の5種類ございます。
1.画像:チラシやPOPとほぼ同じ制作環境でコンテンツが作れます。
2.テロップ:電光掲示板でお馴染みの文字情報です。
3.音声:音のみの再生。街なか等で実施されます。許可されない事が多い。
4.動画:看板で動画が扱えることが、電飾看板とデジタルサイネージとの決定的な差です。
5.プログラム(ソフトウエア):デジタルサイネージ用のプログラムを使うことで、動画や画像のように固定されたものではなく、ユーザーの操作や条件により内容が変化する、インタラクティブ性のあるコンテンツになります。

弊社では5:プログラム(ソフトウエア)の取扱を主に行っております。

Q.デジタルサイネージのコントローラーとは何ですか?

A. デジタルサイネージのコントローラーは、コンテンツを再生するためのメディアプレーヤー・スマホ&タブレット端末・パソコンを指します。
それぞれの機器は小型化&高性能化しており、一般的には以下の4点で区別されております。
・スタンドアロン型:ネットワークに依存せず、独立して稼働します。
・ネットワーク型:コンテンツをネットワーク経由で更新/再生します。
・非インタラクティブ型:画像や動画等、内容の固定されたコンテンツを再生します。
・インタラクティブ型:ユーザーの操作や動きに応じて、コンテンツが変化します。

Q.デジタルサイネージのコンテンツを屋外に設置したいです

A. 屋外の場合、大まかに以下の6点をクリアできれば設置が可能です。※費用に関しては考慮してません。
■サイネージ自身の対策
・直射日光により昼間は画面が見にくくなる:高輝度タイプ(1500カンデラ)等
・サイネージ自身に紫外線によるダメージ:UVカットシートをつける等
・悪天候や粉塵・ホコリ、結露対策:防水加工、防塵性対策、ファンでの空気循環等の環境をカバーできる対策(もっとも屋外サイネージと銘打ってるものには標準装備されてることが多いです)

■環境面について
・人の通行量:人の少ない箇所ではあまり意味がない(サイネージ自身宣伝に使われる事が多いです)
・環境音:幹線道路沿いの音が大きな場所ではサイネージの音が埋もれてしまう可能性がございます。なのでサイネージの動画自身に字幕等を表示する等の対策が必要です。
・場合によっては市や土地の持ち主の許可が必要:必要な場合は許可をとってくださいませ。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの推奨ボリュームはどれくらい?

A. 動画コンテンツの場合数百MBを目処に作成するのを推奨します。
看板やポスターと異なり、デジタルサイネージは膨大な量のコンテンツを扱えます。そのメリットの反面、扱うコンテンツよっては表示が不安定化する恐れもあります。
例えば動画プレーヤー型のデジタルサイネージの場合、再生する動画コンテンツが短く、1秒間あたりに転送されるデータ量(つまり画質)が低いほどシステムに負荷が掛からず、動作は安定します。

Q.機材を何も用意していないのですが、ハードの相談も可能なのでしょうか?

A.ご相談に応じて弊社で準備させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの安定表示のコツは?

A. デジタルサイネージを含め、殆どのデジタル媒体は大なり小なりシステム障害に直面する可能性があります。その中でできるだけ安定表示運用を行うコツは以下4点となります。

・コンテンツはできるだけ軽く(動画コンテンツは数百MBまで)
・正常動作を自動チェックするデジタルサイネージを作成
・タッチパネル型デジタルサイネージは一定期間で再起動を
・安定動作の観点からFLASHは使わない(2016年の段階でサポートは終了されております。これからはHTML5によつインタラクティブコンテンツが主流になると言われてます。)

Q.費用はどれくらいでしょうか?

A.大変お手数ですが弊社に直接ご相談くださいませ。

Q.アプリケーション開発は依頼できますか?

A.ご相談に応じて、弊社で開発させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージにはどんな種類がありますか?

A.デジタルサイネージはコントローラー(プレイヤー)とディスプレイの2つの要素があります。コントローラーはスタンドアロン型とネットワーク型に分かれます。ネットワーク型は基本的にスタンドアロン型の機能を内包しており、価格・運用コスト共に一回り上です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツとは何ですか?

A.デジタルサイネージで扱う情報を総じて「コンテンツ(中身)」と言います。
大まかには以下の5種類ございます。
1.画像:チラシやPOPとほぼ同じ制作環境でコンテンツが作れます。
2.テロップ:電光掲示板でお馴染みの文字情報です。
3.音声:音のみの再生。街なか等で実施されます。許可されない事が多いです。
4.動画:看板で動画が扱えることが、電飾看板とデジタルサイネージとの決定的な差です。
5.プログラム(ソフトウエア):デジタルサイネージ用のプログラムを使うことで、動画や画像のように固定されたものではなく、ユーザーの操作や条件により内容が変化する、インタラクティブ性のあるコンテンツになります。

弊社では5:プログラム(ソフトウエア)の取扱を行っております。

Q.デジタルサイネージのコントローラーとは何ですか?

A. デジタルサイネージのコントローラーは、コンテンツを再生するためのメディアプレーヤー・スマホ&タブレット端末・パソコンを指します。
それぞれの機器は小型化&高性能化しており、一般的には以下の4点で区別されております。
・スタンドアロン型:ネットワークに依存せず、独立して稼働します。
・ネットワーク型:コンテンツをネットワーク経由で更新/再生します。
・非インタラクティブ型:画像や動画等、内容の固定されたコンテンツを再生します。
・インタラクティブ型:ユーザーの操作や動きに応じて、コンテンツが変化します。

Q.デジタルサイネージのコンテンツを屋外に設置したいです

A. 屋外の場合、大まかに以下の6点をクリアできれば設置が可能です。※費用に関しては考慮してません。
■サイネージ自身の対策
・直射日光により昼間は画面が見にくくなる:高輝度タイプ(1500カンデラ)等
・サイネージ自身に紫外線によるダメージ:UVカットシートをつける等
・悪天候や粉塵・ホコリ、結露対策:防水加工、防塵性対策、ファンでの空気循環等の環境をカバーできる対策(もっとも屋外サイネージと銘打ってるものには標準装備されてることが多いです)

■環境面について
・人の通行量:人の少ない箇所ではあまり意味がない(サイネージ自身宣伝に使われる事が多いです)
・環境音:幹線道路沿いの音が大きな場所ではサイネージの音が埋もれてしまう可能性がございます。なのでサイネージの動画自身に字幕等を表示する等の対策が必要です。
・場合によっては市や土地の持ち主の許可が必要:必要な場合は許可をとってくださいませ。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの推奨ボリュームはどれくらい?

A. 動画コンテンツの場合数百MBを目処に作成するのを推奨します。
看板やポスターと異なり、デジタルサイネージは膨大な量のコンテンツを扱えます。そのメリットの反面、扱うコンテンツよっては表示が不安定化する恐れもあります。
例えば動画プレーヤー型のデジタルサイネージの場合、再生する動画コンテンツが短く、1秒間あたりに転送されるデータ量(つまり画質)が低いほどシステムに負荷が掛からず、動作は安定します。

Q.デジタルサイネージのメリットは何ですか?

A.最新の情報を外部からリアルタイムで流すことができ、ターゲットによって内容を変化させることもできるので、頻繁に状況が変わるような情報を伝えるには最適なツール。従来のポスターでは情報が変わると印刷などの手間がかかりますが、デジタルサイネージではそういった手間やコストを削減することが可能です。他媒体と連動することで様々なクリエイティブを制作することができるのも大きな魅力となっています。

Q.デジタルサイネージにデメリットはありますか?

A.デジタルサイネージは高い訴求力があり、適切に運用すると売上への貢献が期待できます。しかし、既存の看板に比べて次の欠点があります。
・内部の電気的な故障
・外的要因による故障・事故
・停電
・操作ミス
・ランニングコスト
デジタルサイネージにはいくつかの課題がありますが、強力な販促物でもあります。
弊社ではそうした課題についての対策のご相談を受け付けております。

Q.機材を何も用意していないのですが、ハードの相談も可能なのでしょうか?

A.ご相談に応じて弊社で準備させて頂くことが可能です。

Q.デジタルサイネージのコンテンツの安定表示のコツは?

A. デジタルサイネージを含め、殆どのデジタル媒体は大なり小なりシステム障害に直面する可能性があります。その中でできるだけ安定表示運用を行うコツは以下4点となります。

・コンテンツはできるだけ軽く(動画コンテンツは数百MBまで)
・正常動作を自動チェックするデジタルサイネージを作成
・タッチパネル型デジタルサイネージは一定期間で再起動を
・安定動作の観点からFLASHは使わない(2016年の段階でサポートは終了されております。これからはHTML5によつインタラクティブコンテンツが主流になると言われてます。)

Q.費用はどれくらいでしょうか?

A.大変お手数ですが弊社に直接ご相談くださいませ。