Loading...

サイネージLab

BLOG

2018年5月17日

デジタルサイネージで360度彩られた華やかな客室!ロイヤルカリビアンクルーズでの施工事例「Stateroom Of The Future」

旅の疲れを癒やす宿の客室。高級ホテルではその機能だけでなく、照明やデザインなどにこだわった雰囲気重視の客室が多いですよね。今回ご紹介するのはそんな客室の演出に、デジタルサイネージを利用したロイヤルカリビアンクルーズでの施工事例です。

窓の代わりにデジタルサイネージが客室を彩る「Stateroom Of The Future」


 

 

 

ホテルなど隣接した物件で難しいのが、窓の確保。特に船によるクリーニングを提供するロイヤルカリビアンクルーズでは、尚の事困難な問題でした。そこで同社が行ったのが、サイネージによる擬似的な窓の創造です。窓を形どったサイネージには、昼間、日の出、夜間、日の出、雷雨の大海原が映し出され、旅の雰囲気を盛り上げてくれます。構造上、窓を客室に大きく確保するのが難しいクルージングサービスにぴったりな解決策です。

部屋を彩るためのサイネージ

今回ご紹介した施工事例では、部屋を彩るためのデジタルサイネージでした。デジタルサイネージによる装飾は絵画や花などと違い、経年劣化や消費が少なく、映像が古くなった場合差し替えることも可能ですので、長期的な目でみるとスパンや規模によっては、コストが抑えられることも。ホテルなどでデジタルサイネージの導入をお考えの際は客室への設置も検討されてみてはいかがでしょうか。

[参考サイト]
Fusion CI Studios

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。