Loading...

サイネージLab

BLOG

2018年4月17日

インフォメーションボードにインタラクティブな演出を取り入れた遊び心溢れるデジタルサイネージ施工事例「Sofitel Hotel – Interactive Wall」

デジタルサイネージはアートとしてだけでなく、MAPや天候、フロアガイドなどを表示させたインフォメーションボードとしても幅広く利用されています。今回ご紹介するのは、そんなインフォメーションボードにインタラクティブな演出を取り入れたホテルでのデジタルサイネージ施工事例「Sofitel Hotel – Interactive Wall」です。

インタラクティブなインフォメーションボード「Sofitel Hotel – Interactive Wall」


 

 

 

こちらのデジタルサイネージはパリのソフィテルホテルの廊下に利用客向けに設置されたものです。サイネージの全面がタッチパネルとなっており、指で操作して天候や周辺観光地を検索したり、近隣の飲食店を調べることもできます。写真撮影もすることができ、旅の思い出をデジタルサイネージで残すことができます。特徴的なのが、顧客に必要情報を伝えるインフォメーションボードとしての役割だけでなく、インタラクティブな要素を取り入れたデジタルアート的な側面も取り入れているということ。手を降ることでシャボン玉や羽根が舞い上がったり、通行人の動きに合わせて絵に色がついたりするなど使用されていない時は、華やかにホテルを彩ります。複数の役割を持った多機能なデジタルサイネージでした。

ホテルの品を行わないリッチな演出にも注目

ホテルや百貨店など、スマートさや品が求められるシーンで難しいのがその演出です。派手にやりすぎるとイメージを損なってしまったり、施設の印象を変えてしまうことにも繋がります。今回ご紹介したサイネージは、そう言った施設での導入を検討している際にも参考になりそうです。

[参考サイト]
FLOAT4 – we craft memories.

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。