Loading...

サイネージLab

BLOG

2018年3月29日

ブランドカラーを意識した施工で注目度向上!屋外でのデシタルサイネージ施工事例「Tommy Hilfiger – Atracta –」

デジタルサイネージは、エントランスやロビーなど屋内での装飾を目的としたものだけでなく、電子看板を始めとした屋外での利用も活発です。今回ご紹介するのは、そんな屋外でデジタルサイネージを利用する際に最適なブランドイメージを高める活用事例「Tommy Hilfiger – Atracta –」です。

ブランドの持つイメージを高めるデシタルサイネージ「Tommy Hilfiger – Atracta –」


 

 

 

青と白、赤のトリコロールカラーが印象的なブランドTommy Hilfigerが行ったのが、こちらデジタルサイネージです。白を基調にしたスクリーンをメインに、ビル全体に赤・青・白の装飾が施されブランドマークのトリコロールのフラッグを連想させる作りに。サイネージに投影する映像もモノクロで制作されており、色彩の統一感を崩さないように工夫されています。細部にまでこだわったデジタルサイネージで、注目度をアップさせた他ブランドイメージを印象づけることにも繋げた施工事例でした。

広告効果だけでなくブランディングにも

屋外の大スクリーンで流すデジタルサイネージを通した広告は、非常に注目度も高いことから、単純に商品やサービスのPRだけでなく、ブランドのイメージを印象付けたい時になどにも有効です。多くの人の目に留まる屋外のデジタルサイネージ。是非有効活用してブランド戦略に繋げてみてください。

Atracta – Premium digital signage solutions – Stockholm

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。