Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年12月21日

デジタルサイネージのアートオブジェ!リボンのような特殊なサイネージを使用した施工事例「Waves」

LEDライトを面を作るように敷き詰めて画面のように見せるLEDサイネージ。その構造から液晶では再現できない特殊な形状のサイネージ画面を制作することが可能です。今回ご紹介するのはそんなLEDサイネージを利用したリボンのような形状の美しいデジタルサイネージ「Waves」です。

リボンのように自由な螺旋を描くデジタルサイネージ「Waves」

こちらのデジタルサイネージはアメリカ・テキサス州にあるTwo Houston Centerの、ロビーに設置されているメディアアートです。まるでリボンのような薄いヒモ状のサイネージが複雑にうねり、まるで螺旋を描くような独創的な形状の画面に、様々なアーティスティックな映像が流れています。映像はすべて複雑な画面にぴったりと合わせて、シームレスに設計されており、どの角度から見ても破綻なく楽しむことができます。通常の液晶画面にはない、モビールのような軽やかさを兼ね備えた、LEDならではのデジタルサイネージです。

LEDサイネージにしかない活用を

今回ご紹介したまるでモビールのように吊るされた特殊なデジタルサイネージは、まさにLEDサイネージでしか再現できない軽やかさをもったサイネージでした。せっかく特殊なタイプの画面構造を採用するのであれば、それにしかできない特色を活かしたものにしたいですね。

[参考サイト]
Daniel Canogar

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。