Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年12月18日

街中にある窓を利用したユニークなインタラクティブサイネージ施工事例「BNZ Interactive Shopfront」

見るだけでなく、参加できるデジタルサイネージは大人から子供まで楽しめるコンテンツ。多くの人が行き交う街中にそんなコンテンツがあったら、急ぎ足の人も思わず立ち止まってしまうかもしれません。今回紹介すのは、銀行の窓を利用して設置されたインタラクティブサイネージです。

人の動きで場面が変化するサイネージ「BNZ Interactive Shopfront」

こちらのデジタルサイネージは、オークランドにあるニュージーランド銀行の大きな窓を利用して行われました。設置されたKinectカメラが通行人の動きを読み取ることで、それぞれの動きに合わせて色やテクスチャが変化します。時にはガラリとイメージが代わり、サッカー選手が投影された前を通ると合わせて雨が降る演出も。年齢を問わず、多くの通行人が足を止めて楽しんでいる様子が伝わってきますね。

体験を共有できるコンテンツ

最近では今回紹介したような、通行人を巻き込む参加・体感型のインタラクティブデジタルサイネージが普及してきています。家族と、友達と、そして見知らぬ人とも楽しむことができるコンテンツはとても魅力的ですね。このようなサイネージは、その場にいる人が”体験を共有できる”ということがポイントなのかもしれません。思わず足を止めてしまうのもそこに深い関係があるのかもしれませんね。インタラクティブ性のあるサイネージで見る人を惹きつける体験を提供してみてはいかがでしょうか。

[参考サイト]
BNZ Interactive Shopfront

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。