Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年12月13日

デジタルサイネージで恐竜や海の生き物に出会う!大型スクリーンを利用したARを使った施工事例「BROADCAST AR他」

現実にデジタルオブジェクトをリンクさせ、現実を拡張するARは、最近だとiPhoneなどが対応し話題になりましたよね。そんな話題のコンテンツをサイネージでも取り入れることが可能です。今回ご紹介するのは、AR技術を利用したデジタルサイネージ施工事例「BROADCAST AR他」です。

サイネージの中で動物園気分で生き物達と触れ合おう!「BROADCAST AR他」

こちらのデジタルサイネージは、シャチやしろくまなどの海の生き物、象やキリンなどの動物、はたまた恐竜と映像の中で触れ合うことが出来るインタラクティブなコンテンツです。カメラを使って周囲の映像を取り込み、それをサイネージにリアルタイムで反映し、その上から恐竜やシャチのCGを投影しています。参加者はまるで鏡を覗いているかのように、デジタルサイネージに映る虚像と触れ合い楽しむことができます。現実にはありえない体験ができるとあって大人から子供まで興味津々で体験していますね。ARコンテンツが注目を集めている今、是非取り入れたいインタラクティブコンテンツです。

大画面のARコンテンツで共有型の体験を

流行りのARコンテンツですが、スマートフォン越しですとどうしても個々での体験となってしまい、周囲の観客を巻き込んだイベントらしい体験が提供出来ないのがネックでした。しかし大画面のデジタルサイネージを利用したARコンテンツであれば、その場全体を巻き込むようなAR体験を提供でき、会場全体で楽しむことが可能になります。複数人に幅広いAR体験を提供したいと考えている場合は是非一度、スマートフォンでの実施だけでなく、デジタルサイネージを通した訴求も検討されてみてはいかがしょうか。

[参考サイト]
INDE – One of the world's top Augmented Reality companies

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。