Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年12月8日

高さ22mにも及ぶ超巨大デジタルサイネージ!テーマパークでのコンテンツとしての施工事例「LED Media Tower」

より多くの顧客人々の目に留まるためには、コンテンツの質だけではなく、その大きさや見栄えも重要になってきます。個性的な見た目をしたものであれば、デジタルコンテンツとしてだけではなく、その周辺のランドマークとして活躍してくれます。今回ご紹介するのは、テーマパークのランドマークとしても活躍している高さ22mを誇る超大型デジタルサイネージです。

特大サイズのサイネージを使ったテーマパークコンテンツ「LED Media Tower」

「LED Media Tower」は韓国にあるGwangmyeong Cave Theme Parkに実際に設置されているテーマパークのデジタルサイネージコンテンツです。タワーという名前だけあってサイズは高さは約22m、幅は12mもある超大型。サイネージでは絵を描く人、豚の貯金箱などをモチーフとしたメディアアートが流れており、パンチの効いた映像ではないのですが、サイズが長大な為非常に新鮮に受け取れます。またスマートフォンと連動したインタラクティブなコンテンツも搭載しており、顔写真を送付するとその顔が演出とともに大画面で表示される、ユニークな体験を楽しむことが出来ます。またサイネージに表示された自分の写真は、プリンターで印刷して記念として持ち帰ることができるようです。類を見ないビックスケールで設置された特殊なテーマパークでの施工事例でした。

大型コンテンツで人目を引く

これ程の規模の施工事例は稀ですが、ショッピングモールなどの人が多く集まる商業施設では、デジタルサイネージをいくつも繋げた、大型コンテンツが好まれる傾向にあります。遠くからでもぱっと目を引きますし、空間を彩るアクセントとしても活躍してくれることでしょう。複数台を連結してデジタルサイネージを利用するときも、繋げ方が複数ありますので是非色々なパターンを検討してみて下さいね。

[参考サイト]
Home | d'strict – Arttech Factory

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。