Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年12月4日

AR技術をデジタルサイネージに盛り込んだ最先端のデジタルサイネージ「Virtual and Augmented Reality at the ISE Booth of Ventuz Technology」

拡張現実(AR)。最近ではそれを利用したゲームが人気を博すなど、非常に身近なコンテンツとなってきました。今回ご紹介するのはそんな最新のAR技術をデジタルサイネージに盛り込んだ最先端のディスプレイ技術です。

仮想現実と組み合わせる!商品を拡張するディスプレイ

ご紹介する「REALTIME DEPARTMENT」では実に様々なディスプレイの活用が行われています。まず最初は透過された特殊なサイネージを用いたARのようなディスプレイの使い方。目の前に置いてある商品と同じものがディスプレイに表示されており、ディスプレイを操作して画像を回転させるとショーケースの中の商品も同じように回転するという、面白い仕組み。次はVRのような技術を使った仮想ディスプレイ。商品と同じものが仮想現実の中に表示されており、ディスプレイを動かすと表示されている映像も一緒に動き、まるで本当に画面の向こう側にその景色があるかのように感じられます。他にも、アームが付いたサイネージから、デジタルの世界を覗き込めるものなど最先端の仕組みを取り入れたサイネージが数多く紹介されています。

最新の技術でさらに進んだサイネージへ

最新の技術を利用したデジタルサイネージ、いかがでしたでしょうか。インタラクティブなコンテンツが使い古されたものになりつつある今、こう言った最先端のデジタルサイネージを取り入れていくのも新鮮で良いかもしれませんね。驚きの最先端デジタルサイネージコンテンツでした。

[参考サイト]
Virtual and Augmented Reality at the ISE Booth of Ventuz Technology on Vimeo

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。