Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年10月2日

手をかざすと映像に波紋が現れる!LEDライトとデジタルサイネージを組み合わせたインタラクティブな施工事例「Royal Caribbean」

Kinectなどのセンサーを使って、音や動きを感知して映像を変化させるインタラクティブなデジタルサイネージは、映像を差し替えなくとも新鮮な印象を与えることが可能なコンテンツの常設を考えている際に是非検討して欲しい手法のひとつ。今回ご紹介するのはシンプルなコンテンツの中に、インタラクティブな要素やLEDライトなどのアレンジを取り入れた魅力的な常設施工事例です。

波紋のように変化する映像を楽しむアートデジタルサイネージ

こちらのデジタルサイネージはロビーの壁面に、一枚の壁のように設置された観賞用のアートウォールです。8枚のデジタルサイネージと、擦りガラスの下にLEDライトを敷き詰めた変則的な形の複数のパネルで構成されています。LEDライトの光とサイネージの映像は同期されており、まるで擦りガラスの下にも映像が流れているような不思議な印象を与えます。人が通過するとその動きに合わせて映像に波紋が広がるインタラクティブな仕組みを取り入れており、ロビーを訪れる人はその変化も一緒に楽しむことができます。

変化をつけることで楽しみ方を広げる

インタラクティブな要素を取り入れたり、LEDライトを組み合わせたり…変則的な要素を組み合わせることで、シンプルなコンテンツでもずっと魅力的に見せることができます。極力シンプルなコンテンツにしたいが、凡庸的なコンテンツは嫌、という方はこういったアレンジを加えてみてもいいかもしれませんね。サイネージ画面と擦りガラス部分の差が良いアクセントになった、アートなデジタルサイネージでした。

[参考サイト]
www.materials-methods.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。