Loading...

サイネージLab

BLOG

2017年9月28日

アーケードなど売り場全体をデジタルサイネージで装飾した華やかな施工事例「Tryano」

塗替えや模様替えは、売り場を一時閉鎖しなければならなかったりコストや手間が掛かりがち。その為一度施工してしまうと、中々変えるのが難しい売り場の印象ですが、デジタルコンテンツを取り入れるとで、より簡易的に新鮮な印象をあたえることができます。今回ご紹介するのは、映像や情報を伝達するデジタルサイネージを装飾的に利用することで、より建物や空間を華やかに見せることに成功した施工事例です。

デジタルサイネージで変化する装飾を楽しむ!ショッピングモール「Tryano」

ショッピングモール「Tryano」では、店舗や売り場全体を華やかに見せる為の装飾として、デジタルサイネージを利用しています。目玉となるのは顧客が入ってきて一番に目にする店舗を彩るアーケード部分。ポリゴングラフィックをイメージさせる、幾何学的なフレームの裏にデジタルサイネージが組み込まれています。流れている映像が変化することで、アーケード全体の色合いが変化しいつも新鮮な印象を与えられる他、遠くからでも目立つため誘導にも役立ちます。なかなか珍しい活用法なので、話題性が高いのもショッピングモールにはプラスに働くポイントですね。

構造体にサイネージを組み込み売り場を動的に

今回ご紹介した施工事例のように、アーケードなどの目立つ部分の装飾をデジタルサイネージ化することは、印象的に残るビジュアルを作れる他、映像を差し替えるだけで売り場全体の印象を変化させることができるなどのメリットがあります。設計段階からサイネージの導入を検討されている方は、こういう取り入れ方も一度視野に入れてみても良いかもしれませんね。ショッピングモールでのデジタルサイネージ施工事例でした。

[参考サイト]
Home – Kin Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

アイデアクラウドへのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

お電話からのお問い合わせは以下よりお願いいたします。

Nagoya TEL 052-253-9866
(担当:長屋、田中)
Tokyo TEL 03-3525-8640
(担当:中田、羽根田)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問はこちらよりご覧ください。